保育内容

  • HOME »
  • 保育内容
保育内容*

(1)子どもたちは様々なことに自ら進んで取り組み、活発に遊ぶことで心も体もいきいきと成長していくものである。子どもたちを様々な活動に親しませ、楽しみながら明るく伸び伸びと心や体を動かし、充実感を味わうことができるようにする。

(2)保育園という集団生活を通して自ら進んで身近な人々と親しみ、お互いに支え合って友好関係を深め、思いやりや信頼感、相手に協力する力を育てるとともに集団生活に必要な習慣やルールなどを身につけられるようにする。

(3)子どもたちの発想や興味を大切にし、集団生活をするなかで子どもたちが持つイメージを豊かに育て、子ども自身が自ら考え工夫し集中して遊ぶ中で、達成感が味わえるような経験ができるようにする。

(4)周りの環境や自然と十分に関わるなかで物事に対する興味や関心を高め、その美しさ・不思議さ・人の優しさなどに気付き、感動する心を養う。そして自分の思いや気持ちを表現しようとする意欲を大切にし、それを表現することの喜びを味わえるようにする。

個性を伸ばす
子どもが自分の力で考えることのできる
自主性を育てる
人格形成
子どもの心身の発達を助け、
人格形成の基礎を形成する


自主性を育てる
子ども一人ひとりの
個性を十分に伸ばす
総合的なサービスの提供
事業の実施にあたっては、関係市町村、
地域の保健・医療福祉サービスとの
綿密な連携を図り、
総合的なサービスの提供に
努めるものとする。
PAGETOP